ゾビラックスとの比較|バルトレックスとゾビラックスの違い/通販で自由に医薬品を購入

バルトレックスとゾビラックスの違い/通販で自由に医薬品を購入

ゾビラックスとの比較

たくさんの薬

バルトレックスはバラシクロビルを主成分とした抗ウイルス薬で、主にヘルペス治療で活躍します。
感染症の原因であるヘルペスウイルスに対して高い殺菌効果を持っており、症状を抑えてくれるのです。

しかし、これまでにもヘルペス治療薬は開発されており、その中でも有名なのがゾビラックスです。
こちらはアシクロビルを主成分としたヘルペス治療薬で、効果自体はどちらもほとんど同じです。
ですが、作用時間に違いがあることから、最近ではバルトレックスを服用する人が増えているのです。

ゾビラックスの効果自体は非常に優秀で、体内に潜伏しているヘルペスウイルスをしっかり退治してくれます。
しかし、作用時間が若干短めで、より高い効果を発揮させるためには1日に5回復用しなければいけませんでした。
高い効果を発揮してくれるのはありがたいのですが、1日に5回も服用しなければならないとなれば、当然飲み忘れによるリスクも多発します。
5回きちんと服用しなければ最大限に効果を発揮してくれませんので、忙しくてつい飲み忘れてしまうといったことに頭を抱えることも…。
それに比べ、バルトレックスは吸収が良く、作用時間も長い抗ウイルス薬となっています。
こちらは作用時間が長くなっている分、1日に3回の服用で効果を発揮してくれます。
これなら朝昼晩の食事を目安にして服用できるため、どんなに忙しい人でも飲み忘れることが少なくなっています。
もちろんヘルペスに対する効果も高いため、安心してヘルペス治療ができるようになっています。